第17回全国バスマップサミット in 岡山「あの岡山から、バス情報の未来」

Description

今年は3日間!

バスマップサミットが、オープンデータとバス競争で揺れる岡山に戻ってきた!

  • 12/13(金) 合宿:オープンデータ/スマホ時代のバス情報の作り方・使い方を学ぶ
  • 12/14(土) 本会議:若手とベテランの取組を紹介しあい、オープンデータとバス競争で揺れる岡山でバス情報とまちづくりを考える
  • 12/15(日) 現地見学:西大寺営業所の見学と瀬戸内エリアを回遊


公共交通が元気な岡山:複数事業者によるバスが発達し、JR路線も新幹線と結節する岡山駅から8方面に延び、路面電車も走るなど、公共交通の充実した地域です。

バスマップサミット生誕の岡山:市民団体RACDAが、いち早く全バス会社路線を掲載するバスマップを制作開始し、全国に呼びかけて第1回全国バスマップサミットを開催しました。

オープンデータ/バス競争/路面電車で揺れる岡山:バス会社の4社のリアルタイム オープンデータが配信される「公共交通オープンデータ最先端都市」です。バス新規路線参入を契機に、バス事業の競争や地域公共交通の在り方が問われています。路面電車についても駅前乗入れやJR吉備線LRT化などの動きが加速しています。

そんな岡山で、デジタル時代のバスマップの在り方を考えながら、よりよい交通の実現に向けて市民からできることをみんなで議論します!

※11月上旬にプログラムをパワーアップし、13日の合宿(従来はハッカソンと案内)、14日午前の部を追加しました。
Peatixのチケットに古い案内が残っていますが、正しくは本ページの本文をご参照ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

12/13(金) デジタルバスマップ合宿

場所:鷲羽山下電ホテル
参加費:社会人5000円、学生3000円  + 1泊2食10000円(夕食のみも応相談)


13:00~15:45 データ整備実習

  • 内容:「見える化共通入力フォーマット」を使って、バスのGTFSデータを作成する。
  • 対象者:コミュニティバス関係者、自分の町のバスデータを作成したい人

16:00~18:15 マップ実習

  • チーム①:GTFSデータでバスの運行頻度図を作る
    バスデータ(GTFS)をデータベース(PostGIS)に投入し、地図ツール(QGIS)を使って地域のバス路線網を見える化する。データ分析が好きな人、自治体交通職員におすすめ。
  • チーム②:バスマップのIllustratorテクニック
    バスマップを作るときのIllustratorのテクニックを披露しあい悩みを一緒に解決する。バスマップをよりきれいに効率的に描きたい人におすすめ。

講師陣:太田恒平(トラフィックブレイン)、東出賢一(RACDA高岡)、伊藤浩之(公共交通利用促進ネットワーク)、佐野一昭(バス停研究家)、福田匡彦(八戸・青い森ウェブ工房)、神場雅史 ら

※詳細企画中につき、「こんなことやりたい!」というご意見がありましたら、Facebookグループにお寄せください!
-----以降、宿泊を伴います。ここで帰宅も可能です。
18:30~20:00 夕食宴会

20:00~22:30頃 ナイト テクニカルセッション


――――――――――――――――――――――――――――――――――

12/14(土) バスマップサミット本会議

場所:岡山市勤労者福祉センター

参加費:2000円 + 懇親会5000円

10:30~11:45  20代が拓くバスマップ新時代

  • 若手数名のライトニングトーク
  • ディスカッション 司会:RACDA高岡 東出賢一

11:45~13:00  昼休み・全国バスマップサミット幹事会

13:00~13:05  全国バスマップサミット本会議 オープニング

13:05~14:05  全国のバスマップのこれまでと未来

  • 各地のバスマップの振り返りと今後(岡山・松江・中部・沖縄・札幌、広島、福井など)
  • 「オープンデータ・スマホ時代のバスマップ」 太田恒平

14:10~15:35  岡山から考える交通の未来

  • 「バスマップから始まった人間中心まちづくり(仮)」 国土交通省 道路局国道・技術課 道路技術分析官 牧野浩志
  • 「岡山市公共交通網形成協議会の現状(仮)」 岡山市 都市整備局次長(都市・交通部長兼務) 平澤重之
  • 「交通シミュレータによるコントロール(仮)」 東京大学 副学長・教授 吉村 忍
  • 「公共交通オープンデータで視る岡山」 トラフィックブレイン 代表取締役社長 太田恒平

15:45~17:00 シンポジウム「バス情報からまちづくりへ、バスマップの新展開」

  • 話題提供「バスマップには公共交通を変える力がある -岐阜市での挑戦を踏まえて-」 名古屋大学教授 加藤博和
  • パネルディスカッション 司会 加藤博和

17:00~17:45 各地のバスマップ・資料展示

  • 各地の取組をポスター等で展示
  • 発表者は要事前申込み(A0版(841×1189)20スペース)

18:30~20:30 懇親会

会場:glance(グランス) 会場徒歩15分、岡山駅徒歩7分

――――――――――――――――――――――――――――――――――

12/15(日) 現地見学

両備バス、東備バス、瀬戸内海航路などに乗りながら、瀬戸芸アクセスマップを使った観光の可能性を模索します。

参加費:見学会は無料、運賃等を各自負担

10:00~ 両備バス 西大寺営業所 見学会

11:45~ 現地視察(牛窓方面)

  • 牛窓行き南回り乗車、牛窓自由解散、邑久方面からJR乗継、犬島観光、瀬戸大橋バス乗継等

――――――――――――――――――――――――――――――――――

第17回全国バスマップサミット in岡山 の概要

  • 主催: 全国バスマップサミット実行委員会
  • 幹事団体:NPO法人公共の交通ラクダ(〒700-0823 岡山市北区丸の内1-1-5, okj165@poppy.ocn.ne.jp, 090-3743-4778)
  • 後援:国土交通省(中国運輸局、中国地方整備局)、岡山市、岡山県バス協会
  • 想定参加者:全国から市民団体、大学、事業者、コンサル、行政関係など100名
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「全国バスマップサミット」とは

 地域の全バス路線を網羅するバスマップを作成・発行する、市民団体等で構成される「全国バスマップサミット実行委員会」の主催により2003年に岡山で産声をあげ、毎年で16回開催している。
 札幌から那覇まで全国各地で開かれ、市民団体、行政、交通事業者など毎回100人の参加者がある。バスマップ作成のノウハウ、バスの待合環境の改善方策、バスの啓発手段、ネットによる情報提供などについて活発な情報交換が行われる。2010年には「バスマップの底力」を刊行、マップ制作における技術指針の提示やその普及方策、外国諸都市のバスマップの紹介など、公共交通に関係者に対して大きな影響を与えた。近年はMaaSの基礎の「標準的なバス情報フォーマット」など新たな展開を迎えている。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#493349 2019-11-11 11:48:35
More updates
Dec 14 - Dec 15, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
1:00 PM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
●12月14日13:00~ バスマップサミット本会議@勤労者福祉センター ¥2,000 現地徴収
●12月14日18:00~ バスマップサミット懇親会@grance ¥5,000 現地徴収
●12月14日13:00~ バスマップ・資料展示(A0版)※各団体で1枚
☆12月13日10:00~ バスマップハッカソン ON HOLD
●12月15日10:00~ 西大寺営業所見学会
●12月15日11:45~ 現地視察(牛窓方面)
☆12月13日 データ整備実習+マップ実習@鷲羽山下電ホテル 5,000円 現地徴収
☆12月13日 ナイトテクニカルセッション@鷲羽山下電ホテル 10,000円 現地徴収
Venue Address
岡山市北区春日町5−6 Japan
Organizer
NPO法人 公共の交通ラクダ
28 Followers